信用保証協会は中小企業者の皆さまの保証人としての役割を担う公的機関です

よくあるご質問

  • HOME »
  • よくあるご質問

皆様からお問い合わせの多いご質問を紹介します。

▼ Q1 信用保証協会とはどのような団体ですか?
▼ Q2 車で協会に行きたいのですが、駐車場はありますか?
▼ Q3 信用保証協会から直接借入れもできるのですか?
▼ Q4 住宅ローンや生活資金などの借入は保証の対象になりますか?
▼ Q5 保証を受けられる期間はどのくらいですか?
▼ Q6 保証の審査は、どのような審査をするのですか?
▼ Q7 赤字決算ですが、保証を受けることはできますか?
▼ Q8 売上の減少等により、毎月の返済が厳しくなっています。返済額の軽減をすることはできますか?
▼ Q9 信用保証料とはなんですか?
▼ Q10 信用保証料はいつ支払うのですか?

 

Q1 信用保証協会とはどのような団体ですか?


icon_a 信用保証協会は「信用保証協会法」に基づき設立された公的な機関です。事業を営んでいる方が金融機関から事業資金の融資を受けられる際に「公的な保証人」となることで中小企業者の皆さまの事業の発展や円滑な資金調達を支援することを目的としています。

Q2 車で協会に行きたいのですが、駐車場はありますか?


icon_a 無料の駐車スペースがございますのでご利用ください。
※協会へのアクセスはこちら

Q3 信用保証協会から直接借入れもできるのですか?


icon_a 信用保証協会では、融資は行っておりません。お借入れは金融機関から行っていただき、当協会はその融資等に対して「信用保証」を行っています。融資に関してはご利用の金融機関にご相談ください。

Q4 住宅ローンや生活資金などの借入は保証の対象になりますか?


icon_a 住宅ローンや生活資金などの借入に対する保証はできません。対象となる資金の事業を営むために必要な運転資金および設備資金に限られます。

Q5 保証を受けられる期間はどのくらいですか?


icon_a 一般資金では最長、運転資金15年、設備資金20年までご利用いただけます。
なお、各種保証制度はそれぞれに利用できる期間が定められていますのでご確認ください。

Q6 保証の審査は、どのような審査をするのですか?


icon_a 原則として、申込書類や決算書類等に基づいて審査します。必要に応じて事業所への訪問や、保証協会の事務所にお越しいただいて、お話をお聞きする場合もあります。

Q7 赤字決算ですが、保証を受けることはできますか?


icon_a 赤字のみを理由に保証をお断りすることはありません。赤字の原因や今後の改善見通し、これまでの返済実績等を総合的に判断します。

Q8 売上の減少等により、毎月の返済が厳しくなっています。返済額の軽減をすることはできますか?


icon_a 既存借入との一本化や返済条件の変更など、現在の経営状況に応じて対応していきます。

Q9 信用保証料とはなんですか?


icon_a 信用保証利用の対価としてお支払いいただくものです。
※詳細はこちら

Q10 信用保証料はいつ支払うのですか?


icon_a 融資実行時にお支払いいただきます。お支払の事務は当該保証付き融資を行う金融機関が行い、金融機関から当協会にご送金いただきます。
PAGETOP
 
Copyright ©TOKUSHIMA GUARANTEE. All Rights Reserved.