「とくしま創生アワード2021」ファイナリストが決定

「とくしま創生アワード2021」の最終審査会へ進出するファイナリスト13組に対するプレゼン研修が、12月24日(金)と1月5日(水)、1月7日(金)の3日程で行われ、当協会の職員が指導役として参加をさせていただきました。

「とくしま創生アワード2021」は、徳島ならではの地方創生に繋がるビジネスプランを応援する官民連携のコンテストで、今年度で6回目の開催となります。

今年度は県内外から139件の応募が寄せられ、13組のファイナリストが書類選考で選ばれました。

ファイナリストは、1月18日(火)に開催される最終審査会でビジネスプランを発表し、県ゆかりの企業家らサポーター、協賛各社、とくしま創生アワード実行委員会による投票でグランプリが選ばれます。

今回の研修には、当協会企画部の職員が指導役として参加し、プレゼンテーションのブラッシュアップをサポートしました。

書類審査では、「徳島の発展や地域課題の解決に寄与するか」、「社会需要があるか」、「事業の持続的発展が見込めるか」といった点が検討されました。

当協会も実行委員会の一員として、運営に協力させていただいています。

 

〇「とくしま創生アワード2021」の最終審査会は、YouTubeにてライブ配信される予定です。
ぜひご覧ください!

【配信チャンネル】徳島新聞動画TPV(Tokushima Press Video)
【配信日程】2022年1月18日(火)13:30~17:45(予定)

とくしま創生アワードHPリンク
https://www.topics.or.jp/list/award

ライブ配信はこちらから↓

 

プレゼン指導を受けるファイナリスト

ファイナリストへアドバイス