4月21日(木)、徳島文理大学総合政策学部2年生の必須科目「キャリア・プランニング」(村松豊大 総合政策学科長)に、当協会の職員が講師として招聘され、約70名の学生に対し講義を行いました。

昨年まではコロナ感染拡大の影響でオンライン授業でしたが、3年ぶりに教室で対面授業を行いました。

初めに、徳島県信用保証協会が中小企業の総合支援機関として、金融支援のみならず経営支援や創業支援にも取り組む運営方針を説明しました。次に学生がキャリアを考える一助となるよう、自ら事業を創り出す「起業・創業」という生き方について、事例を交え話しました。社長となるだけでなく、公務員や会社員として働く場合にも、新しい仕事を創り出す「起業力」は必要で、これからの時代を生きる者にはそれが求められている、というメッセージを伝えました。

事後のアンケートからは「公務員志望なので起業は興味が無かったが、自分の好きなことで稼げる起業という生き方も選択肢に入った」とか、「一度きりの人生なので起業に挑戦してみたいと思った」など、起業を前向きに捉える学生の声が寄せられました。

当協会は、平成27年度に徳島文理大学と締結した「包括的連携協定」に基づき、地域で活躍できる人材の育成に、大学と共に取り組んでいます。

 

対面授業で講義を行う